[スイスから金継ぎ職場体験] スイスでは歴史的な木造オブジェの修復などを
するのが専門という彼女。
日本の伝統工芸、漆を使った金継ぎを
マンツーマンで習うために来日。

材料に使う漆。
母国の仕事で使う材料は人工的なもので
違いがあるとのこと。

いっぽうで、作業手順や道具などは
さすがにツーカーで伝わることが
たくさんありそうです。

スイスではフランス語圏にお住まいです。
美術館での勤務などを経て来日。
帰国したら、また政府系修復機関への就職が
決まっているそうです。

一方、受け入れ先のurujyuさんは
金継ぎをフランス・ヨーロッパに広めたいとの思いから
テキストやHPの外国語版の製作、写真撮影などを彼女に
依頼しており、だんだんとかたちになってきています。
https://www.kintsugi-association.org/

まあ、ここまでどんぴしゃり、相思相愛の
職場体験のマッチングが実現したものだと
うれしくなります。

外国人さんに、インターンでやってもらいたいことが
明確であればあるほど
お互いに実りあるものになります。

とても静かで穏やかな時間が流れています。

フランス語圏の方の職場体験
受入希望の事業者さまは、こちらまで。
お待ちしております。
https://jexpo.org/works/internship/