フランス・ヨーロッパ BtoB市場調査

ニッポンの『商談苦手』を克服

「一発必中には相手の利益」

だと経営陣が気づき

自ら取り組みます

 

概要


「相手の利益」を組み立てます

狙い


「契約書が渡せる営業」を手に入れます

取り組み


  • 相手の利益を組み立てます。
  • 相手の利益を計算するには、なにより価格決定が必要です。
    「見積依頼が来たらすればよい」で始めて、
    日本じゅう同じ失敗をし続けています
  • ポイントは、商談にのぞむ前に
    経営陣が取り組むことです。
      • それができたら、成約3点セットを作成します。
        取引条件書|見積書|契約書

営業-見積-契約に一本の筋が通ります。
戦略と書式を合致させます。

  • 売り文句を仕上げます。

JEXPOのコミット


相手の利益を組み立てるのは、本来、事業者さま・経営陣です。
当然です。

と同時に、事業者さまのゴールは、成約です。
成約するためには必要なので、
JEXPOは、事業者さまのお仕事である
相手の利益にコミットいたします。

このスタンスを明確にし、仕組み化しているのが
JEXPO最大の特徴です(競合他社比較)。

事業者さまとやりとりしながら海外値決めに取り組みます。
進め方は、「自力で値決めできる」とお感じか否かで異なります。

相手の利益決めは社内でできる
(→ 事業者さま主導)
相手の利益決めは自社だけでは難しい
(→ JEXPO主導)
事業者さま JEXPO 事業者さま JEXPO
決意の要点
アドバイス
製造工程訪問
国内営業ヒア
財務資料等確認
↓↓↓ ↓↓↓
素案作成 素案作成
↓↓↓ ↓↓↓
チェック
アドバイス
加筆修正
↓↓↓ ↓↓↓
ブラッシュアップ
完成
フランス語訳 (完成後確認) ブラッシュアップ
フランス語訳

 

準備が揃ったら

ステップ3

直接商談